多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できるのか調べました

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できるのかな?不安を抱えるあなたへ

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できるのかな?不安を抱えるあなたへ

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOまたはPCOS)排卵障害の一つです。不妊症でこの病名を医師から告げられた方もいるかもしれません。PCOでも妊娠することはできるのでしょうか?具体的なデータをご紹介します。

 

スウェーデンの大学の9年間の調査では、PCOの診断された女性の妊娠率は86.7%。そのうち、自然妊娠したのが、全体の73.6%という結果が発表されました。
このデータの注意点は3つあります。一つ目に、9年間という期間です。不妊治療にしては、決して短い期間ではありません。排卵のチャンスが少ないことが原因だと言われています。二つ目に、スウェーデンは、予防医療が発達してる国であり、日ごろから医療に対して意識が高い国での結果であり、日本でも同じ結果になるとは言い切れません。三つ目に、ここでいう自然妊娠というのは、排卵誘発剤の処方やタイミング法という指導を受けている人も含んでいるということです。全く医療行為が行われなかったというわけではないということです。
たとえ、これらの状況を考慮した上だとしても、PCO患者の妊娠率86.7%は決して低い数字だとは思えませんよね。

 

PCOでもより妊娠力を高めるために、どういったことができるでしょうか。
まずは、早めに医療機関にかかり、排卵させることが大切です。排卵を増やすことで、妊娠する確率を高めましょう。
次に、排卵し受精した受精卵は確実に着床させたいものです。そのためには、子宮内膜の血液をふかふかにさせておくことが必要です。それを助ける力になるのが、葉酸です。これは、着床をサポートすることはもちろん、その後の胎児へのリスクも減らしてくれる大切な栄養素ですので、摂取をおすすめします。

 

PCO診断された女性の妊娠率

一般女性の妊娠率91.6%と比べれば、PCOの診断をされた女性の妊娠率は86.7%と少し、低くなってしまいますが、上記のような取り組みを通じて妊娠できる確率が少しでも高めることができることを覚えておいてもらいたいです。

 

では、多嚢胞性卵巣症候群について基本的な情報を紹介します

多嚢胞性卵巣症候群という病名を聞いたことはありますか?

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できるのかな?不安を抱えるあなたへ
あなたは、多嚢胞性卵巣症候群という病名を聞いたことはありますか?

 

不妊治療中にこの診断名を聞いて驚いた人も多いと思います。
不妊症の原因の一つになる病気ですが、不安に振り回されることなく、病状を正しく理解して、治療の一歩を踏み出すことが大切です。

 

多嚢胞性卵巣症候群は排卵障害

多嚢胞性卵巣症候群は「polycystic ovary syndrome」の略称としてPCOもしくは、PCOSと呼ばれる、排卵障害の一つです。
卵巣内には卵細胞が無数にあり、月におよそ一つずつ卵細胞を包む卵胞が大きくなっていき、ある程度育つと破裂して排卵が起きるというのが、正常な卵巣内での働きです。しかし、PCOの患者は、この卵胞がたくさんできてしまい、排卵が起きづらくなるという現象が起きてしまう病気です。

 

それに伴い、様々な症状が表れます。
一つ目に、排卵が起きづらくなることから月経不順になったり無月経になること。二つ目に、血液中の男性ホルモンが増加し、多毛、にきび、低音声などの男性化が表れます。これは、男性ホルモンを作る働きを持つ卵胞が本来よりも増えてしまうからです。三つ目に黄体ホルモンの分泌異常のため月経過多や出血が止まらない症状が起こります。また、肥満や血中インスリンの量に関しても、PCOとの関連性が考えられているようです。

こうしたことが複合的に重なり、不妊症の原因となっていきます。
しかし、根本的な治療方法が明確になっていないというのも事実です。
ですので、PCOと診断された特に妊娠を希望する患者は、妊娠しやすい状況を作るための治療を中心に行っていくことになります。
具体的には、妊娠するためには、よい卵を排卵を促すための投薬などの治療を行うことが大切だと言われています。

 

この診断を受けたからといって、重篤な状況であることは少なく、早い時期から正しい治療を受けることで、多くの人が妊娠出産を叶えています。
ですから、上記の症状を見て、気になるところがあれば、早めに医療機関で検査を受けることをお勧めします。
不妊に悩む人は、妊娠する為に食事や栄養、ライフスタイルを気をつけなければいけません、
直接妊娠しやすい体つくりの為に冷え改善として、生姜やマカのサプリを摂取する人は多いのですが、実は
葉酸も非常に重要な栄養となっています。妊娠してすぐに大量に必要となる栄養素なので、妊娠を望んでいる状態であれば
日常的に葉酸摂取を積極的に考えていきましょう。(葉酸サプリバイブル)